ホーム > スタッフブログ > レポート > 【開催報告】プティパ子育てサロン「ベビーとサイン育児を楽しもうvol.8」2016年4月1日ふれあいプラザ志木
スタッフブログ

【開催報告】プティパ子育てサロン「ベビーとサイン育児を楽しもうvol.8」2016年4月1日ふれあいプラザ志木

掲載日:2016年04月07日 スタッフブログ, レポート, 子育てサロン

サイン育児プティパ子育てサロンは、子育てママと赤ちゃんのリラックスタイムです。
4月1日(金)、プティパ子育てサロン「ベビーとサイン育児を楽しもう 」をふれあいプラザ志木で開催しました。
第8クールの第1回目です。講師は、中本緑さん(ママの手パパの手主宰)。中本さんが、言葉は話せない赤ちゃんとのコミュニケーションの新たな世界を広げてくださいました。今回は、6組の親子様が参加くださいました。


≪今月のレッスン≫
中本さん、今月のレッスン、いかがでしたか~?
★☆★

20160401サイン育児(1)いよいよ春のサイン育児クラスが始まりました。
桜も綺麗に咲き、お出かけ日和の4月1日、6組のママ&ベビーとスタートです。
レッスンは3回講座。初回ではまず、
・サイン育児ってどんなもの?
・サイン育児のメリット
・サイン育児のコツ
などをお話していきます。
一見、習い事のようなサイン育児ですが、その目的は「コミュニケーションを深める」こと。
だから、無理強いや強制は禁物です。
何もわかっていないように思いがちな赤ちゃんですが、実は表情も読み取れるし、意思だってしっかり持っています。
これらを尊重してあげられたら、子育てはぐっと楽しいものになります。

家事をしたくて、ついつい手を止めずに、赤ちゃんの背中に向かって話しかけていませんか?
ベビーカーに乗せているとき、赤ちゃんとママは同じものを見つめていますか?
生まれたばかりのころに比べて、赤ちゃんと向き合う時間、減っていませんか?

四六時中赤ちゃんといなければならない、とは思いません。
でも、せっかく一緒に過ごすなら、同じものを見たり、同じことを楽しんだりしてみませんか?
サイン育児のクラスで、向き合ってコミュニケーションをとると、たくさんの発見があってとても新鮮ですよ。

勉強が出来る子になってほしい。
運動が出来る子になってほしい。
それらは、塾も教室も豊富にあります。
しかし、コミュニケーションを教えてくれる教室はありません。
勉強ができてもコミュニケーションが下手。
運動が出来てもコミュニケーションが苦手。
果たしてそれでいいのでしょうか。
コミュニケーション、これからの時代はとっても大切だと思っています。

3回のレッスンを通じて、みなさんとたくさん学び、ともに成長したいと思います。
次回は5月20日です。途中参加も可能です。
みなさまのご参加をお待ちしております。

≪講師:中本緑さんのプロフィール≫
中本緑さん ママの手パパの手主宰
〇ベビーマッサージ・サイン育児アドバイザー
新座市で一姫二太郎を子育てしながら、ベビーマッサージとサイン育児の教室「ママの手パパの手」を主宰しています。

20160401サイン育児(2)≪サイン育児とは≫
ベビーとのサイン育児は、赤ちゃん手話とも言われています。
毎日の赤ちゃんへの語りかけにジェスチャーを添えることで、まだ、言葉が話せない赤ちゃんとのコミュニケーションの世界が広がります。
サイン育児をすることで、「育児ストレスの軽減」、「コミュニケーション能力向上」、「脳の活性化」等、さまざまな効果が期待できることが、研究からも確かめられています。

≪参加者の皆様の感想≫
普段の育児の中で、きちんと目をあわせている事が少なかったな―と気付かされました。サインを出してくれると信じて、これから試してみたいと思います。
わかりやすく楽しく教えていただけて良かったです。同じくらいの赤ちゃんたちの集まりで、泣いてしまっても気兼ねなく過ごせたのでリフレッシュにもなって楽しかったです。
月齢の近い子とも会え、とても楽しかったです。2回、3回も楽しみです。
今回は生活の中で使えるサインだったので、たくさん活用できそうです。親のマネをよくするようになってきたので、根気よく生活の中で試してみたいと思います。
いろいろな物を使って皆さんで遊べたのが子にも良かったと思いました。
楽しみながら学べました。家で継続していこうと思います。

≪プティパからのメッセージ≫
「パリの保育所で学んでいるのは手話」。2月17日のNHK「おはよう日本・世界のニュースザッピング」では、フランスのサインの取り組みが紹介されていました。「パリの託児所では、本よりも先に手話を学んでいる。この手話は子供用に開発したもので、生後6か月から150ほどの動作を学ぶことで、脳が刺激され読み書きの能力アップにつながるということである―」。このように紹介をされると、「知育」や「教育」という視点で関心を持つ人もいるかもしれません。
大切なことは、「何故、赤ちゃんの手話が世界中で取り組まれているのか」ということだと思います。最先端の脳科学でも実証されたいろいろなことを踏まえて、赤ちゃんの潜在力を引き出す関わりについて、楽しく学べるのが「サイン育児」の魅力だと思います。
気持ちを伝えあえるって、本当に幸せなこと!
「サイン育児」楽しみながら学んでください。

サイン育児の第8クールはじまりました第2回からのご参加も歓迎です。お休みの会があっても、次のクールにご参加いただけます。今回は、嬉しいことに、第7クールの参加者で第1回をお休みされた方もご参加くださいました。
また、「おっぱいのサインをしてくれるようになって、感動」等、<その後>のご報告をいただけることも嬉しいですね。
お子様の気持ち、たくさん受け止めて、「子育てをもっと楽しい時間に」!

≪Information≫
「これから第8クールに参加したい」という方は、どうぞご参加ください。
第2回(5月25日)、第3回目(6月18日)のご参加でも大丈夫です。
第9クール(7月、8月、9月開講)を受付中です。ご案内は、こちらです。


#サイン育児 #赤ちゃん手話 #ベビーサイン #志木 #朝霞 #新座 #和光 #富士見 #ふじみ野 #所沢 #川越 #さいたま #プティパ埼玉

Pocket