ホーム > スタッフブログ > レポート > 【開催報告】プティパ子育てサロン「ベビーとサイン育児を楽しもうvol.8」2016年5月20日ふれあいプラザ志木
スタッフブログ

【開催報告】プティパ子育てサロン「ベビーとサイン育児を楽しもうvol.8」2016年5月20日ふれあいプラザ志木

掲載日:2016年06月01日 スタッフブログ, レポート, 子育てサロン

サイン育児プティパ子育てサロンは、子育てママと赤ちゃんのリラックスタイムです。
5月20日(金)、プティパ子育てサロン「ベビーとサイン育児を楽しもう」をふれあいプラザ志木で開催しました。
第8クールの第2回目です。講師は、中本緑さん(ママの手パパの手主宰)。中本さんが、言葉は話せない赤ちゃんとのコミュニケーションの新たな世界を広げてくださいました。今回は、7組の親子様が参加くださいました。


≪今月のレッスン≫
中本さん、今月のレッスン、いかがでしたか~?
★☆★
20160520サイン育児(1)
サイン育児2回目を開催しました。 2回目からご参加の方3組を迎えて、7組で赤ちゃんの大好きな動物のサインを中心に楽しみました。

動物は赤ちゃんにとって、興味深い存在。 そして、絵本やおもちゃでもモチーフになりやすいので、身近な存在でもあります。 赤ちゃんの好きな動物のサイン、ともに楽しんでくださいね。

最後には「もっと」と要求のサインを遊びながら実践しました。 ごはんが「もっと」欲しい、絵本を「もっと」読んで欲しい、などなど、要求のサインは出番も多く、覚えやすいです。 こちらも、次回まで、実践してみてくださいね。

そして、赤ちゃんの遊びと育ちの関係についてもお話ししました。 知ってるようで知らない、赤ちゃんという存在。 思い込みや誤解も多いもの。 きちんと知ると、赤ちゃんと遊ぶことも楽しめるようになるし、成長を助けたり促したりすることができます。

次回最終回では、赤ちゃんと絵本、そして習い事やしつけの話まで、ひろく幼児期のお話をしていく予定です。 ご参加、お待ちしております。

≪講師:中本緑さんのプロフィール≫
中本緑さん ママの手パパの手主宰
〇ベビーマッサージ・サイン育児アドバイザー
新座市で一姫二太郎を子育てしながら、ベビーマッサージとサイン育児の教室「ママの手パパの手」を主宰しています。

≪サイン育児とは≫
ベビーとのサイン育児は、赤ちゃん手話とも言われています。
毎日の赤ちゃんへの語りかけにジェスチャーを添えることで、まだ、言葉が話せない赤ちゃんとのコミュニケーションの世界が広がります。
サイン育児をすることで、「育児ストレスの軽減」、「コミュニケーション能力向上」、「脳の活性化」等、さまざまな効果が期待できることが、研究からも確かめられています。

20160520サイン育児(2)
≪参加者の皆様の感想≫
ベビーサインは思っていたより難しくなく、やってみようと思います。いろいろな人と話ができて良かったです。
手作りおもちゃを紹介していただき、家でも出来そうだと思いました。レッスンの後、月齢の大きい方の実体験を聞けてよかったです。
前回に引き続き、手遊びをしながら楽しく参加出来て良かったです。家でも続けていきたいと思います。
お歌や手遊びを一緒にできるのが子どもにいい刺激になったと思います。
発達についてのお話が聞けて勉強になりました。赤ちゃんが遊びやすいおもちゃ選びをしようと思います。サインはまだでませんが、今後も続けていきます。
動物のサインや「もっと欲しい」など、実践していきたいと思いました。みんなの話を聞いて、気分転換にもなり楽しかったです。

≪プティパからのメッセージ≫
「サイン育児」の第2回では、手作りおもちゃなどを取り入れ、子どもの遊びと発達についても学び合うこともテーマのひとつです。
ペットボトルにボタンやビーズを入れると―。「カシャカシャカシャ」。手で振って、音を楽しんでみたり。握ったり、つぶしたり、歯で噛んだり、中身をみつめていたり。すごいスピードで振っています。腕のチカラ、鍛えられそう。子どもたちは、飽きません。海外でも感覚ボトル(Sensory Bottles)と呼ばれて人気だそうです。「サイン育児」では、子どもたちは遊びを通して、こころやからだを成長させていくのですね。
毎日の暮らしのなかにも、お子様たちの遊びのきっかけになるものいろいろありそうですね。

≪Information≫
第9クール(7月、8月、9月開講)を受付中です。ご案内は、こちらです。

#サイン育児 #赤ちゃん手話 #ベビーサイン #志木 #朝霞 #新座 #和光 #富士見 #ふじみ野 #所沢 #川越 #さいたま #プティパ埼玉

Pocket