ホーム > スタッフブログ > レポート > 【開催報告】プティパ子育てサロン「ベビーとサイン育児を楽しもうvol.9」2016年8月31日ふれあいプラザ志木
スタッフブログ

【開催報告】プティパ子育てサロン「ベビーとサイン育児を楽しもうvol.9」2016年8月31日ふれあいプラザ志木

掲載日:2016年09月13日 スタッフブログ, レポート, 子育てサロン

サイン育児

プティパ子育てサロンは、子育てママと赤ちゃんのリラックスタイムです。
8
31()、プティパ子育てサロン「ベビーとサイン育児を楽しもう 」をふれあいプラザ志木で開催しました。
第9クールの第2回目です。講師は、中本緑さん(ママの手パパの手主宰)。約2ヶ月ぶりの今回は、8組の親子様が参加くださいました。

中本さんが、言葉は話せない赤ちゃんとのコミュニケーションの新たな世界を広げてくださいました。


≪今月のレッスン≫
中本さん、今月のレッスン、いかがでしたか~?
★☆★
20160831サイン育児(1)先日はサインクラス2回目でした。
この日のレッスン内容は「動物」そして、要求のサインでした。

なぜ動物のサインを学ぶの?と思われる方もいるかもしれません。

おむつ、待って、おっぱい、そういった生活の表現を学ぶのはわかるけれど我が家では動物も飼っていないし・・・と。

しかし、じつはこれにもちゃんとした意味があります。
おむつ、待って、おっぱい、こういったサインは主に親が使いたいもの。
赤ちゃんが自主的に表現したくない場合もあるサインばかりです。

一方、動物のサインは赤ちゃんの大好きなものばかり。
お散歩途中に出会った犬や鳥、絵本の中のぞうやきりん、DVDで見る猫、みんな興味津々。
発見した喜びを表現しようと、サインを自主的に使ってくれる可能性が高いのです。

一見無意味、またはそれほど役立つようには思えない動物のサインですが、サインを活用する生活に少しなれたところで取り入れていただくと、お子様からのサインを引き出すのにとても役に立ちます。

ぜひ、楽しい場面でもサインを活用していってください。

次回最終回は、早期教育の効果や習い事についてお話しながら、感情表現のサインや食べ物、乗り物などを学んでいく予定です。

≪講師:中本緑さんのプロフィール≫
中本緑さん ママの手パパの手主宰
〇ベビーマッサージ・サイン育児アドバイザー
新座市で一姫二太郎を子育てしながら、ベビーマッサージとサイン育児の教室「ママの手パパの手」を主宰しています。

≪サイン育児とは≫
ベビーとのサイン育児は、赤ちゃん手話とも言われています。
毎日の赤ちゃんへの語りかけにジェスチャーを添えることで、まだ、言葉が話せない赤ちゃんとのコミュニケーションの世界が広がります。
サイン育児をすることで、「育児ストレスの軽減」、「コミュニケーション能力向上」、「脳の活性化」等、さまざまな効果が期待できることが、研究からも確かめられています。

≪参加者の皆様の感想≫
20160831サイン育児(2)手作りおもちゃのつくり方や、脳や運動神経の育て方のお話がとても興味深かったです。サインもいろいろためしてみようと思います。
新しいサインを音楽と一緒に学べて楽しかったです。家庭にある物でおもちゃを工夫して遊びの幅を広げたいと思いました。
身近なものを使って、もっと娘を楽しませてあげたいなと思います。
おもちゃを与えたら、与えっぱなしだったので反省しました・・・。遊びの元に何があるのか考えてやろうと思った。
ふだんの遊びが脳の成長に役立つと聞いて、もっと一緒に遊ぶ時間をつくろうと思った。
1回目より皆大きくなり、成長を見られるのも楽しみの一つです。サインも動物のサインを習い、絵本をみながら試してみたいと思います。まだ、サインは見られませんが、楽しみながらやといこうと思います。
今日は、リズム遊びの音楽が流れると共に顔をニコニコさせて嬉しそうでした。ひもをひっぱるおもちゃに興味があったので、家でもつくってみようと思います。
手づくりできるおもちゃを紹介していただいて、簡単にできそうなので自宅でやてみようと思いました。子どもが楽しそうにしていて、来て良かったです。

 ≪プティパからのメッセージ≫
お久しぶりです。7月の第1回から54日ぶりにお会いしたお子様たちの成長ぶりにびっくりです。
講師の中本さんが次々に紹介するお歌や動物のおはなし、手作りおもちゃなどに興味津津!

第2回では、参加者の皆さんにはやわらかいペットボトルをご持参いただいています。いつもはリサイクルに出すはずのペットボトルが、子どもたちの’おもちゃ’となって大活躍です。可塑性が高いやわらかいペットボトルは、握りづつぶしたり、噛んだり、振り回したりと自由自在。中に入れるものによって、音を感じたり、水や物の動きを楽しんだり、子どもたちの感触や感覚を刺激するいろいろな工夫は無限大です。「少しお水を入れたペットボトルは、体重換算すると何キロのダンベルになるでしょう」と中本さん。
子どもたちの動きや遊びは’自主トレ’。みんな意味があることなのですね。遊びを通して、こころやからだの成長を引き出してあげることは、本当に大切!

≪Information≫
第9クールの第3回は9月15日です。
→ 第3回は都合により、9月21日(水)に開催日が変更となりました。

第10クール(10月、11月、12月開講)を受付中です。ご案内は、こちらです。

#サイン育児 #赤ちゃん手話 #ベビーサイン #志木 #朝霞 #新座 #和光 #富士見 #ふじみ野 #所沢 #川越 #さいたま #プティパ埼玉

Pocket