ホーム > スタッフブログ > レポート > 【開催報告】プティパ子育てサロン「ベビーとサイン育児を楽しもうvol.10(第3回)」2016年12月16日ふれあいプラザ志木
スタッフブログ

【開催報告】プティパ子育てサロン「ベビーとサイン育児を楽しもうvol.10(第3回)」2016年12月16日ふれあいプラザ志木

掲載日:2016年12月22日 スタッフブログ, レポート, 子育てサロン

サイン育児

プティパ子育てサロンは、子育てママと赤ちゃんのリラックスタイムです。
12月16日(金)、プティパ子育てサロン「ベビーとサイン育児を楽しもう 」をふれあいプラザ志木で開催しました。
第10クールの最終回です。講師は、中本緑さん(ママの手パパの手主宰)。中本さんが、言葉は話せない赤ちゃんとのコミュニケーションの新たな世界を広げてくださいました。

≪今月のレッスン≫

講師の中本さん、今月のレッスンはいかがでしたか?
★★★
サイン育児20161216-112/16は今年最後のサイン育児クラスでした。
近隣では、おたふく、インフルエンザなどが流行っており、お休みの方もいましたが、3組のママとベビーが元気にご参加くださいました。

この日は少人数だったので、全員のサイン育児での疑問にお答えしていきました。
レッスンは終わってしまうけれど、これからも続くサインを活用した子育て。
不安や疑問を減らして、楽しんでほしいと思います。

また、幼児期の習い事やお勉強のお話もさせて頂きました。
周りに流されることなく、知識を活かして、お子様に最適な過ごし方を選んでください。

ランチをしながらの交流タイムでは、ベビースイミングや英会話の話題に。
私にとっても楽しい時間となりました。

≪講師:中本緑さんのプロフィール≫
中本緑さん ママの手パパの手主宰
〇ベビーマッサージ・サイン育児アドバイザー
新座市で一姫二太郎を子育てしながら、ベビーマッサージとサイン育児の教室「ママの手パパの手」を主宰しています。

サイン育児20161216-2≪サイン育児とは≫
ベビーとのサイン育児は、赤ちゃん手話とも言われています。
毎日の赤ちゃんへの語りかけにジェスチャーを添えることで、まだ、言葉が話せない赤ちゃんとのコミュニケーションの世界が広がります。
サイン育児をすることで、「育児ストレスの軽減」、「コミュニケーション能力向上」、「脳の活性化」等、さまざまな効果が期待できることが、研究からも確かめられています。

≪参加者の皆様の感想≫
とても勉強になりました。絵本などいろんな育児に関して紹介していただき有難うございます。
他の子のおススメ絵本を知れて、本屋さんで探してみようと思いました。とても楽しかったです。

≪プティパからのメッセージ≫
2016年も残すところ半月。病気もいっぱい、用事もいっぱいななかで、サイン育児第10クールの最終回を迎えました。続けてご参加の皆様、お疲れ様でした。また、「お休みの回は次のクールで!」という参加者様の声も嬉しい限りです。
レッスンの中で、講師の中本緑さんの問いかけに、「う~ん」と考えさせられます

「語彙が豊かだと、どういう良いことがありますか?」。
「○○しちゃダメ!と叱ったつもり、でも、子どもは○○の意味、わかっているかしら…」。
そういえば、私たちは、赤ちゃんの頃どうして言葉を理解したり、覚えていったのか―。
毎日の暮らしが学校みたいなものだったのでしょう。
まわりのいろいろな大人や子どもが先生だったのでしょうね。
まわりの人がいろいろと働きかけてくれて、反応しながら身につけていったのだと思います。
まわりの大人がお子様の気持ちを受けとめ、子どもたちにわかるように伝えていくことは、子ともたちの‘未来’につながっているのだなぁと心から思う、「サイン育児」のじかんです。
大人にとっては、子どもたちと関わるこころを学ぶ機会でもあるかもしれません。
「楽しかった」というメッセージに勇気をいただきます。ご参加、本当に有難うございます。

≪Information≫
第11クール(1月、2月、3月開講)を受付中です。ご案内は、こちらです。 

#サイン育児 #赤ちゃん手話 #ベビーサイン #志木 #朝霞 #新座 #和光 #富士見 #ふじみ野 #所沢 #川越 #さいたま #プティパ埼玉

Pocket