ホーム > スタッフブログ > こころがブルーなママたち > 【開催報告】人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのおはなしカフェ・さいたま vol.48 2017年4月3日
スタッフブログ

【開催報告】人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのおはなしカフェ・さいたま vol.48 2017年4月3日

掲載日:2017年04月16日 こころがブルーなママたち, コミュニケーション, スタッフブログ, レポート

tree4月3日 (月)、「人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのおはなしカフェ・さいたま」の第48回を武蔵浦和コミュ ニティセンターで開催しました。

あなたのこころの樹は元気ですか?



[今回の主な話題]
今月は、初参加のRさん、Uさんのお話を伺いました。

同行のお子様たちも上手に遊びながら過ごしてくれました。

誰もが自分の’想い’を持っています。
その’想い’を相手に伝えるにはどうしたら?

相手の人にも’想い’があり、その人なりのやり方があります。
でも、それが自分の’想い’ややり方とズレていたら?
伝えたいけど、ちっとも伝わらない―。我慢すべき?
そこに人付き合いの苦労がつきまといます。
=================
今月は「パパの研究」!パートナーとの関わりがテーマになりました。

パパRさんのパートナーは、子育てや家事も役割をわかちもつという意識があるパートナー。
ですが、そのやり方はじぶん流。Rさんのやり方や大切にしたいことと、チョット違う。

Uさんは、「ワンオペ育児」の毎日です。朝早く出かけて、夜はお子様が眠ってから帰宅。
パートナーは、頼んだことはやってくれるけれど、言わなければ気付いてくれる訳でもなく…。
どう言えば、わかってもらえる?

RさんとUさんのパートナーのタイプは、まるで真逆ですが、
暮らしの中でチョットずつの「エ―、どうして?」が溜まっていく悩みは共通です。

家庭の有り様は、本当にさまざまな違いがありますね。
でも、夫婦であっても、人付き合いの苦労があります。
結婚当初は、二者関係でわかりあえたこともいろいろあったのだと思います。
そこに、赤ちゃん誕生!
最初は泣くことしかできなかった赤ちゃんが、歩いたり、言葉を獲得しはじめます。
お子様が三人目の家族として登場!
家族三人の新しい関係を創る時代が始まります。
新たな苦労は、父親として、母親としての役割をわかち持ち、夫婦としての第2ステージを築いている証です。

「どうして?」と悩むことは、すごく自然なこと、とても前向きなこと。
ガチンコでぶつかりあって、お互いの理解をしていくことも、意味があることなのではないでしょうか。

そこで、安心してぶつかっていくために、今回はパートナー「研究」。
そして、男性と女性の違いの「研究」をやってみました。

自分のタイプを知り、パートナーのタイプを知ることで、
「相手にわかるようにどう伝えようか」という、いろいろな考えが湧いてくると思います。

=================
ママのためのおはなしカフェは、ピアカウンセリングの精神を大切に続けています。
それは、人と人の対等な関係を大切にするということ。
「ピア」とは仲間のことです。
「ピアサポート」とは、共通の体験をもつ仲間同士の相互支援のことです。
「人づきあいが<もうチョット>楽になりたい」という、共通の関心や課題をもつ仲間同士のグループワークです。
参加者の皆さんが抱えている「こんなことが大変」という気持ちを共有します。
自分自身のタイプを知り、人との信頼関係を築くコミュニケーションを体験的に学びます。

≪参加者の皆様の感想から≫
自分は話すのが下手だし、頭もよくなく、何を話せばよいのかわからなかったけど、田村さんが助けてくれて、自分がどういったらいいかわかってきた。
主人にわかりやすいように、使いやすいように準備しようと思いました。
家庭の状況はさまざまですが、他の方も悩みの形は違っても自分と同じように悩んでいるのだと知ることができて、少しホッとしました。
あまり期待しすぎず、でも、あきらめずに関係をよくする努力をしていきたいです。

≪スタッフからのメッセージ≫
「\モヤモヤする気持ち―「どうしてなの?」と思うことは大切ですね。
人それぞれのモヤモヤの背景を考えることで、新たな道が見えてくると思います。
パートナーとの関わりで悩む方、ホント多いです。いえ、太古の昔から永遠のテーマですね(笑)。
「ママのためのおはなしカフェ」は、ふだんの言葉で、チョット前向きに学びあえる機会になれると思います。
参加者の皆様が、「どうして?」を大事にしてお越しくださることが、本当に嬉しいです。

お子様たち、ママたちのリラックスタイムを応援してくれてありがとう!
初めてあったお子様同志が、チョットずつ親しくなっていく様子は、本当に可愛い。
そして、言葉がなくても、「あんしん」という気持ちで共に過ごしています。
素晴らしい「人付き合い」の先生だなぁと思います。
お子様たち、ママたちのリラックスタイムを応援してくれてありがとう!

☆★☆
「ママのためのピアカウンリング」では、「聴くこと」を大切にしています。
誰にも話せなかった自分の想いを言葉にすることで、頑張ってきたご自分を再発見されることでしょう。
小さなお子様と向き合う時間が大半の毎日のなかで、わずかな時間ですが、自分の気持ちとも向き合うひとときを過ごしていただきたいと願っています。すぐ効く特効薬ではなく、じっくり体質改善の漢方薬のような時間です。お休みがあっても大丈夫ですから、まずは6ヶ月位、ご自分の心の動きを見つめてみてください。

≪Information≫
次回vol.49は、5月15日(月)。
連休後が少し落ち着いた頃に、武蔵浦和コミュニティセンターで開催致します。

その次は、vol.50 6月5日(月)10:00~
会場は、武蔵浦和コミュニティセンターで開催致します。

#人づきあいが苦手なママ #おはなしカフェ #ピアカウンセリング #対人関係 #人間関係 #コミュニケーション #苦手な人とのコミュニケーション#ママ友付き合い #さいたま #埼玉

Pocket