ホーム > スタッフブログ > イベント・セミナー > 【開催報告】<はたらく夫婦のための、子育てと仕事の両立セミナー>キャリアトランプ®で知ろう じぶんのきもち パートナーのきもち 2017年6月11日 埼玉県男女共同参画推進センター2017年公募型共催事業
スタッフブログ

【開催報告】<はたらく夫婦のための、子育てと仕事の両立セミナー>キャリアトランプ®で知ろう じぶんのきもち パートナーのきもち 2017年6月11日 埼玉県男女共同参画推進センター2017年公募型共催事業

掲載日:2017年06月21日 イベント・セミナー, スタッフブログ, 育児休業・育休後

画像-キャリアトランプ6月11日(日)、「はたらく夫婦のための、子育てと仕事の両立セミナー」を埼玉県男女共同参画推進センター(WithYouさいたま)で開催しました。
本セミナーは、埼玉県男女共同参画推進センター2017年公募型共催事業です。
今回のテーマは、「キャリアトランプ®で知ろうじぶんのきもち パートナーのきもち」です。

 

≪キャリアトランプ®とは≫
logo-キャリアトランプ「キャリアトランプ®」はトランプゲームのように、カードを引きながら、または、カードを捨てながら、ゲーム感覚で自己発見・自己開示・他者理解・自己理解を進めるツールです。

 

≪講師プロフィール≫
育休後コンサルタント山口理栄さん育休後コンサルタント 山口理栄さん
総合電機メーカーにてソフトウェアの設計・開発/企画に24年間従事。2006年から2年間社内で女性活躍推進プロジェクトリーダーを務める。2010年育休後コンサルタントとして独立。女性が本来もっている能力を発揮できる社会を作ることをミッションとし、仕事と育児の両立を企業、個人の両面から支援している。
日本女性技術者フォーラム(JWEF)運営委員/NPO法人ファザーリング・ジャパン賛助会員/昭和女子大学現代ビジネス研究所研究員/
【著書】『改訂版 さあ、育休後からはじめよう 〜働くママへの応援歌〜』(労働調査会、2015年)
『子育て社員を活かすコミュニケーション』(労働調査会)

≪キャリアトランプ®で知ろう! じぶんのきもち パートナーのきもち≫
「キャリアトランプ®」ファシリテーターでもある、山口理栄さんとともに、じぶん再発見の旅へ―。
ステップ 1 自己探索
キャリアトランプ®をつかって、あなたのことをあらわして表していることばを選んでみましょう。
順番にトランプを引いていきます。自分に当てはまると思うカードを手元に残していきます。
選んだカードを使って、自己紹介をします。
ステップ2長所さがし
あなたの短所・マイナス面はなんですか?
プラスの言い方にする練習をしましょう。
あなたの短所やマイナス面を、プラスにしてもらいましょう。
 キャリアトランプ20170611-1
 ●レクチャー ≪育休後の育児・家事と夫婦のパートナーシップ≫
<夫婦ではなしあっておくべきこと> <パパも働き方を見直そう> <ママにお願いしたいこと>
「働き方改革の時代の今、パパたちには長時間労働を前提としない働き方を率先して欲しい」と山口さん。
そして、妻に育児・家事の負担をかけすぎないように。ママたちがパパに気付いて欲しい関わりとは?
例えば、「妻が育児、家事をしているとき自分だけスマホをいじらない」。
どうしてでしょう? ママたちは、今やっていること以外にやることがいっぱい。あれもやらなきゃ、これもやらなきゃといっぱいな訳です。「何か今やることある?」の一言をママたちは待っているのです。

ママにお願いしたいのは、「なんであなたは○○なの」と言わないこと。
けんか腰では何も解決しません。知っていて欲しいことは紙に書いておくなど、方法はいろいろあるものです。
それから「安易に仕事を辞めると言わない」ことや、「寝かしツケ、料理はママじゃなきゃだめ」と自分で聖域をつくらず、夫婦で共有していくことも大切!

ステップ3 スキルの整理 マンツーマンセッション
仕事と育児を両立しながら長く働き続けるために必要な能力とはなんでしょうか。
環境や周囲との関わり、役割などを照らし合わせ、客観的な視点で能力を整理していきます。

12人の参加者の皆様は3つグループにわかれてワークをしました。
カードを捨てたり、拾ったりしながら、選んだカードの言葉の意味やつながりを考えていきます。
自分の中にある気持ちが言葉になって引き出されていきます。キャリア・トランプ®の不思議な魅力です。キャリアトランプ20170611-2

≪参加者の皆様の感想から≫
得意・不得意は夫と補い合えている。お互いの伝え方など、とても勉強になった。
やりたかったキャリアトランプを夫婦でできてよかった。「出来ていること、得意なこと」と「出来ていないこと、不得意なこと」が夫と正反対で、お互いにないものをもっている夫婦なんだなと思った。
自分の気持ち、パートナーの思っていることが少しでも聞けて良かったです。
家庭のことと仕事のことと切り分けて考えるのが難しかったです。
キャリアトランプは面白かったです。ただ、夫婦間でもっと話しあうワークがなかったのは残念でした。
後半のワークが消化不良。”気付き”につなげるような発語を夫婦だとむずかしい。甘えがあるのか・・・な?他の人から言われる方が、目からウロコです。
自分のことなどを文字に起こしてみることで、再発見があって楽しかった。
自分の強みに気付くことができました。計画性が欲しいけど、できないのは、人に相談しないからだと気付けた。人それぞれ違いがあるから社会が回るんだと皆でシェアした。
今日、単身参加でしたが、夫婦で参加してみたいと思いました。また、自分の中に一見矛盾する得意、不得意が同居し、うまく作用しているという点に気付きがありました。
ポジティブなボキャブラリ―で元気になりました。言葉のチカラの強さを改めて感じました。夫にもぜひすすめてみたいです。
キャリアトランプを活用してのセミナーの参加は2回目でしたが、1回目とは異なる考えに気付きました。得意とする力、不得意な力を振り返り、改めて自分が何に対して頑張っていけばよいのか考えるきっかけになりました。

≪謝辞≫
埼玉県男女共同参画推進センター様[共催]
今年も「子育てと仕事の両立セミナー」を公募型共催事業として採択をいただきました。担当の高橋陽子様をはじめ、スタッフの皆様には、会場提供、保育サポート、広報、開催当日の運営支援等、幅広いご支援をいただきました。心より感謝を申し上げます。
さいたま市様[後援]
後援承認をいただき、市内の関係機関での広報支援にも御尽力いただきました。さいたま市子ども未来局子ども育成部子育て支援政策課課長・担当者様に心から感謝を申し上げます。

≪スタッフからのメッセージ≫
「キャリアトランプ®」をご体験された皆さま、いかがでしたか?
「自分の中にあった言葉がでてきた」 キャリアトランプ®の引き出す力!
「自分の幅が広がるチャンスと思えた」 山口さんのエンパワーメント力!
「ひとりで考えれば不安になることも、楽しく、前向きにキャリアを考えることができた」そして、ビア(仲間)の力!
これまで、プティパで開催した「キャリアトランプ®」を体験した人たちの言葉です。
このプログラムをご夫婦で体験いただいたら、新たに「パートナーシップ」の力が加わるのではないか!と、今回山口さんにご夫婦で参加いただけるプログラムを構成いただきました。

「夫は妻がどんな気持ちで仕事を続けたいと思っているか、案外知らないのでは―」
「夫婦でそれぞれのキャリアについて話会う機会は、意外にないかもしれない?」
山口さんとのそんな会話から、<はたらく夫婦のための><キャリアトランプ>セミナーが誕生しました。
カードを捨てたり、拾ったり―ゲームのようでいて、じふんの気持ちと向き合う時間。
いろいろな「気付き」「再発見」があって本当によかったです。
今回お子様のご病気で参加できなかったご家族や「ぜひ夫にも進めてみたいです」という方のためにも、次回をご案内したい!と思います。
(プティパ ソーシャルワーカー 田村芳香)

≪information≫
育休後コンサルタント 山口理栄さんとのコラポプログラムのご案内です。
小学生以上の子育てと仕事の両立セミナー≫小1の壁なんてこわくない!子どもの自立を支える親になろう! 6月25日(日) 与野本町コミュニティセンター
育休後カフェ@さいたま vol.19  7月9日(日)   café土瑠茶
育休後カフェ@さいたま 総合案内はこちらです。
育休後・職場復帰セミナーは2月4日(日)開催予定です。

Pocket