ホーム > スタッフブログ > ピアサポート > 【開催報告】なかまカフェ La Vie「流産・死産を経験した女性たちのピアサポート」2017年8月26日(土)
スタッフブログ

【開催報告】なかまカフェ La Vie「流産・死産を経験した女性たちのピアサポート」2017年8月26日(土)

掲載日:2017年09月03日 スタッフブログ, ピアサポート, レポート, 流産・死産

天使のイラストまさか、こんなことが起きるなんて・・・」。
プティパは、流産や死産という思いもよらない出来事を体験された皆様に
「哀しみをひとりでかかえないで」と呼びかけ、
気持ちを言葉にする場を持ち続けています。

≪今月のなかまカフェ・La Vie≫
8月26日(土)、なかまカフェ・La Vieをふれあいプラザ志木で開催しました。
昨年、17週で赤ちゃんとの辛いお別れを経験されたZさんのお話をお聴きしました。
「普段話せないことを話せました」、「悲しみの真只中にいる私ですが、少しずつ折り合いがつけていけるとよいです」との感想をいただきました。

★★★
今月の花は百合。花言葉は、純粋・無垢・威厳。
百合-pixta_23362294_S-2

≪スタッフからのメッセージ≫
9月17日(日)、「いとしくて かなしくて~お空の天使への祈り 流産・死産・新生児死 経験者の集い」に向けて、準備を進めています。
第1部「お空の天使への手紙」では、6名の方が経験を通して、親の立場からの気持ちをお伝えくださいます。
第2部では、大谷登美子さん作の絵本『いとしくて かなしくて』を金井葉子さんの朗読とオルガン演奏でわかちあいます。お空の天使の世界にいる子どもの気持ちを感じてみたいと思います。
第3部は、交流会です。限られた時間ですが、それぞれの経験を伝えあい、気持ちをわかち合いたいと思います。

私たちの経験はそれぞれに違いがあり、感じ方も違います。
でも、お互いに顔をあわせることで、「私だけではない―」と感じることで、新たな気持ちに出逢えるかもしれません。
皆様との出会いを心から願いながらご案内をつづけさせていただきます。
☆★☆
「まさか、こんなことが起きるなんて・・・」。
流産や死産は、思いもよらない出来事。
新しいいのちの宿りや赤ちゃんとの対面への期待が膨らむ日々が一転、
喪失という体験に向き合うことになるのです。

プティパは、「子どもを宿した時から、’母’としての新しい人生がはじまる」と考えています。
8週、27週、そして40週であっても、ひとつのいのちの母であると・・・。
今育てているお子様がいるかいないかではなく、いのちを宿した経験を持つ女性、ご家族にも必要な支援があると思います。
(一般社団法人プティパ ソーシャルワーカー 田村芳香)

≪information≫
次回の「なかまカフェ La Vie~流産・死産を経験した女性たちのピアサポート9月30日(土) 10時~開催です。
初めての方はもちろんですが、幾度でもお越しいただきたいと願っております。
いとしくて かなしくて お空の天使への祈り~流産・死産・新生児死 経験者のつどい」を9月17日に開催します。
なかまカフェ La Vie・流産・死産を経験した女性たちのピアサポート 総合案内こちらです。

Pocket