ホーム > スタッフブログ > ピアサポート > 【開催報告】人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのおはなしカフェ・さいたま vol.53 2017年9月4日
スタッフブログ

【開催報告】人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのおはなしカフェ・さいたま vol.53 2017年9月4日

掲載日:2017年09月05日 スタッフブログ, ピアサポート, レポート, 人付きあいが楽になりたいママ

tree9月4日(月)、「人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのおはなしカフェ・さいたま」の第53回を武蔵浦和コミュ ニティセンターで開催しました。

あなたのこころの樹は元気ですか?



[今回の主な話題]
Wさんは初参加。
先月に続いてVさんは、お腹のbabyちゃんと一緒です。
Sさん、1年ぶりにお会いできました。
サポーターのLさん、お久しぶりです。
夏休み明けの「ママのためのおはなしカフェ」は、賑やかです。

わかちあう仲間がいること
共通点は、「子育て真っ最中」ということ。
そして、「人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママ」という言葉にアクションしたということ。
住む街も、子どもの年齢も、全くちがう女性たちが、「はじめまして!」の後は、「じぶん」の感じていることを和やかに話しあえる―「ママのためのおはなしカフェ」は、そんな時間です。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::
Vさん、ご出産までカウントダウン。穏やかな表情でお過ごしです。
家族みんなで四人目の家族との対面を待つ日々、「チーム 家族」はスタンバイOk。
でも、前回の里帰り出産、何が大変でした?

「子育てと介護のダブルケア」の道をご夫婦で選ばれようとしているWさん。
それは、自分が大切にしたい生き方にもつながる選択!
とっても前向き―Wさんがそう思うのはどうして?

Sさん、幼稚園ママも最終トラックです。
お子様ものびやかに成長!―ですが、言って聞かせなければ心配なこともいっぱい。
ハラハラ、イライラ―小学校になったらおさまる?

三人の子どもを連れての外出は、命がけです。
ある日、Lさんの小さなお子様が車に接触寸前―。
「ああ、助かった」と安堵した母に浴びせられたのは、「親ならしっかり見てろ」の怒声でした。
ザックリとあいたこころの傷がヒリヒリ痛む夏になりました。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::
今月は、ひとりひとりの出来事にじっくり「集中」。
それは、根ほり葉ほりの一方通行ではないのです。
人の話を「聴く」ということは、「あなたは、そんな気持ちだったんですね」と共感の糸がビンビンと共鳴していく感じです。
その音色は、人それぞれであることがまた良いのです。
今月も参加者様の「個性豊かな人間力」が、素敵な「対話」を導いてくれました。

 開催報告-ママたちのおはなしカフェ-20170904

 =================
ママのためのおはなしカフェは、ピアカウンセリングの精神を大切に続けています。
それは、人と人の対等な関係を大切にするということ。
「ピア」とは仲間のことです。
「ピアサポート」とは、共通の体験をもつ仲間同士の相互支援のことです。
「人づきあいが<もうチョット>楽になりたい」という、共通の関心や課題をもつ仲間同士のグループワークです。
参加者の皆さんが抱えている「こんなことが大変」という気持ちを共有します。
自分自身のタイプを知り、人との信頼関係を築くコミュニケーションを体験的に学びあいます。

≪参加者の皆様の感想から≫
志木の時もとても勉強になりましたが、今回は人数も多く、いろんな話を聞けました。
これからもいろいろ考えることも増えるとは思いますが、その時その時でベストな答えを出せるようになりたいです。
8月に参加して、8月中とても気持ちおだやかに過ごせました。
9月も良いスタートになればと参加させていただきました。
ひとつの物事でも多様な見方があることを今回の集まりで感じました。
広い視野で物事を捉えるきっかけになりました。
ありがとうございます。

≪スタッフからのメッセージ≫
「人づきあいが<もうチョット>楽になりたいママのためのおはなしカフェ」は、「港」のように、必要な時にいつでも立ち寄れる居場所でありたいと思います。
先月はTさん、今月はSさん。ホームカミングは、とても嬉しいです。
わずか2時間の「おはなしカフェ」ですが、子育て真っ最中の皆さんが、出かける準備をして「じぶん時間」をキープするには、いろいろな工夫があって実現できること。
一ヶ月の出来事を振り返ることは、こころのメンテナンスになると思います。
緩やかに、なが~く繋がってください。

Lさんがサポーターとして参加くださったのは、1年前のことです。
三人のお子様たちの子育て真っ最中の経験を通して、「ママたちに必要なこころのサポート」を考えているプティパの<仲間>です。
これまで6回続けてくださったLさんに「感謝状」第1号をお渡ししました。
Lさんは、ベルガモットの香りでみんなの心の癒してくれました。これからも楽しみながら、サポートしてくださいね。

「お休みがあっても大丈夫ですから、まずは6ヶ月位、ご自分の心の動きを見つめてください」とお伝えしています。
6回続けてご参加くださった方に、気持ちばかりですが「修了証」をお渡ししています。
先日、12月から継続してご参加くださっていたMさんが、「新しい一歩に進みだします」と「卒業」をお知らせくださいました。
第13号の「修了証」でエールをお伝えさせていただきました。
(一般社団法人プティパ ソーシャルワーカー 田村芳香)

☆★☆
「ママのためのおはなしカフェ」では、「聴くこと」を大切にしています。
誰にも話せなかった自分の想いを言葉にすることで、頑張ってきたご自分を再発見されることでしょう。
小さなお子様と向き合う時間が大半の毎日のなかで、わずかな時間ですが、
自分の気持ちとも向き合うひとときを過ごしていただきたいと願っています。
すぐ効く特効薬ではなく、じっくり体質改善の漢方薬のような時間です。
お休みがあっても大丈夫ですから、まずは6ヶ月位、ご自分の心の動きを見つめてみてください。

≪Information≫
Vol.54  10月2日(月)10:00~
会場は、武蔵浦和コミュニティセンターで開催致します。

#人づきあいが苦手なママ #おはなしカフェ #ピアカウンセリング #対人関係 #人間関係 #コミュニケーション #苦手な人とのコミュニケーション#ママ友付き合い #さいたま #埼玉

Pocket